メールフォーマットについて

 

今回は、メールフォーマットについて説明します。

 

メールをお互いにやりとりする上で、非常に重要になるのがフォーマットのデータ形式です。

 

メールソフト使ってメールを表しているとメール自体のフォーマットを意識することがあまりないのではないでしょうか。

 

しかし、メールフォーマットの大まかな内容を知ることで、電子メールの仕組みに関する理解をよりいっそう強化することができます。

 

今回は、ここまでにします。

 

 

 

ドメインの注意点について

 

引き続き、今回は、ドメインの注意点について説明します。

ドメインの中の「@」の左側であるユーザー名の部分はユーザーが自由に決めることが出来ます。

 
ただし、一つの注意点はあります。
それは、インターネットで利用されるメールアドレスは、必ずただ一つでなければならないということです。

 

一般的なメール配信サービスでは、一つのドメイン名で、多くのクライアントにメールサービスを提供しています。

 

同じドメイン名の中で、既に登録されているユーザー名を使うことは出来ません。

 

その点は注意してください。

 

 

 

メールアドレスのドメインについて

 

今回は、メールアドレスのドメインについて説明します。

 

メールを送信する時にドメイン名の部分がとても大切な役割を果たします。

 

基本的にこのドメイン名の情報によって、送信の最終的なゴールである
メールサーバーが確定されます。

 

ドメイン名から最終ゴールであるメールサーバーを確定するためには、
「DNS」という仕組みが使われます。

 

メールサーバーはDNSを使うことで、あて先のメールサーバーを確定して、
メールを送ります。

 

今回はここまでです、また次回説明します。

 

 

 

メールアドレスとは何か

今回は、メールアドレスについて説明します。

普段使っているメールアドレスにも、役割とルールがある事を学びましょう。

 

メール の送信には、送り先を決定する情報として、メールアドレスが使用されます。
メールアドレス各部の名前と役目

ユーザー名@ドメイン名

 

インターネットで利用されるメールアドレスの形式は、上記のようになっています。

 

「@」の右側であるドメイン名の部分は、利用するプロバイダなどのサービスの内容によって決まります。
メールサービス事業者から決められる場合が多く、一般的な利用者は、その取り決めに従うだけです。

 

 

今回はここまでです、また次回説明します。

 

 

 

電子メールの送信について

今回も、電子メールの送信について解説していきます。

前回の話の続きです。

 

Bさんのメールボックスが存在するメールサーバーのネットワーク的な位置によって、
複数のメールサーバーを経由することがあります。

 

メールの送信処理はここまでで完了しました。

 

まだ、B さんのパソコンにはメールは受信されていませんが、
メールボックスにある、
メールの処理は B さんが利用しているメールソフトと B さんのメールボックスが存在する
メールサーバーの間で作業が行われます。

 

しかし、ここで B さんが特別なことをしているわけではありません。

 

一般的に利用されている。メール送受信ソフトの多くは、メールソフトを起動するだけ。

 

或いは、メールソフトを起動して受信ボタンを押すだけで自動的に新着メールを受信し、必要な処理を実行してくれます。
今日はここまでにします。

 

次回また、続きを説明します。

 

 

 

Eメールの仕組みについて

今回は、前回の続きで

AさんからBさんへメールを送った場合の流れについて説明します。

 

A さんは、メールを書いて書き終わったら、メールのあて先を B さんに設定してメールを送信します。

この時、 A さんからのメールが最初に送られる相手は、メールソフトに設定した
メールサーバに送られます。

 

一般的な家庭からまた個人からメールを送る場合は、
契約しているプロバイダのメールサーバーにメールが送られます。

 

A さんが契約しているプロバイダのメールサーバーに到着したメールは
あて先が B さんになっているメールアドレスの情報を基にして
B さんのメールボックスが存在するメールサーバに送られます。

 

今日はここまでにします。

次回また、続きを説明します。

 

 

 

 

電子メールの基本

 

今回から、電子Mailの基本について解説していきます。

 

まずは、電子メールの仕組みと、関連することについて解説していきます。

 

メールの基本知識として電子メールが相手に届く仕組みを把握する必要があります。

 

これから、電子メールが相手に届くまでの流れをわかりやすく解説します。

 

 

次回また、続きを説明します。楽しみにしていてください。

 

 

 

そもそも、パソコンって何なのか?

そもそも、パソコンと一体何なのでしょうか。

 

今回は、パソコンと何かという。当たり前のテーマについて説明します。

 

まずパソコンといっても、専用ソフトがなければ、何も機能しない。ただの箱です。

何もしない状態では全く何の役にも立たないでしょう。

 

しかし、パソコンの電源を入れて、
パソコンに基本ソフトウェアと言われているオペレーティングシステム(OS)、Word、Excelなどの専用ソフトをインストールすることによって
パソコンは色々な力を発揮してくれます。

 

パソコン専門ショップで市販されているパソコンには
最初からOSや他のソフトがインストールしてあり、
初めてパソコンを買う初心者の方はそういった事を気にせずに
パソコンを購入される方が多数だと思われます。

 

 

 

マウスのドラッグと画面スクロール操作について

今回は前回の続きで、
マウス操作と基本的な用語について説明いたします。

 
今回は、ドラッグと画面をスクロールする、について説明します。

 

ドラッグする

トラック操作は、ファイルやフォルダを移動する時の操作になります。

 

パソコンの画面上で各項目を移動させていく操作は、
例えるならば、デスクの上で、物を動かすことに似ています。
画面上にあるマウスポインタを移動しようと思う項目の上においてください。
そして、その位置で左ボタンを押したままにしてマウスを移動させます。

 

目的の位置までマウスを移動させたら、左ボタンから指を離してください。
これで、ドラッグ操作は完了です。

 

画面をスクロールする(マウスホイールの操作)

マウスホイールを上下に回転させることで、パソコンの画面表示も上下に移動させることができます。
マウスホイールを前方に回すと、画面が上方向にスクロールされます。
また、後ろ方向に回すと、画面が下方向にスクロールされます。

 

マウスホイール機能に対応したソフトウェアで画面のスクロールが利用できます。

 

ただし、ソフトウェアによっては画面拡大/縮小など違う動作に対応する場合もあります。

 

 

 

マウスのダブルクリックと右クリック

 

今回は前回の続きで、
マウス操作と基本的な用語について説明いたします。

 

今回は、マウスのダブルクリックと右クリックについて説明します。
ダブルクリックする

マウスをダブルクリックするのは、ソフトウェアを起動したり、ファイルを開くときの操作です。

画面上のマウスポインタの位置を確認して、左ボタンをカチカチっと素早くを2回連続で押します。

 

右クリックする

マウスを右クリックするのは、関連するメニューを表示する時です。

使用しているソフトウェアやマウスポインタの現在位置によって、

表示されるメニューは、毎回違ってきます。